ゴルフの王道から少しそれた話

初心者から100切ぐらいの方には役に立つかもしれないブログ。

重い砂のバンカーショット

以前、バンカーショットについて記事にしました。 しかし、最近のコースでは教科書通りの”バンカーショット”の打ち方だけでは対応できない事が多くなってきました。これは、ゴルフ場の様々な都合もあると思うのですが、最近のバンカーは以前とは状況が違うの…

100切りのポイントは”ショートホール?”

100を切れそうでなかなか切る事が出来ない!「あのホールで大たたきしなければっ!」とか「もう少しパットが入ってくれていればっ!」など実力的には100を切ってもおかしくないのにも関わらず100の壁を越えられないという人は多くいらっしゃるので…

打ち込みは重大な事故に繋がります。注意しましょう

つい先日、私の友人がゴルフに行ってベストスコアを更新した!と喜んでいました。 ラウンドの話を聞いていると「後ろの組の人に打ちこまれたよ」と軽い感じで言っていたのです。彼はまだまだ初心者なので、「打ち込み」が重要な事故につながる事を理解してい…

アドレスが先か?打ちやすさが先か?

注)始めに言っておきますが、この話は”合う人”と”全く合わない人”がいると思うので、「こういう考え方もあるのか!」程度でご覧になってください。 理想のアドレス 上手な人は得てして、「アドレスが良い」というのは、皆さんも感じている事ではないでしょ…

スプーンが苦手な人へのクラブのちょっとしたお話!

ゴルフクラブは、シャフトが長くなるほど難しくなります。 長さだけで言えば一番長い「ドライバー」が最も難しいクラブといえるのかもしれません。 しかし実際にドライバーを打つ時はティーアップをして打つ事が出来ます。ドライバーはロフトも少なくボール…

あなたのティーアップは高くないですか?

以前に一度”ティーアップの高さ”について、「高い」ととどうなるか?、「低い」とどうなるか?などティーアップについての基本的な話の記事を書きましたが、今回もう一度「ティーの高さについて」話をしたいと思います。 penguin-golf.com 練習場に行くと私…

オーイ!とんぼ 38巻

オーイ!とんぼ 第38巻のご紹介 今回は”とんぼ”がプロの試合に出場します! さて、とんぼはどんなプレーを見せるのか?と思いきや、今回の主役はベテランプロの「朝菜ゆうなプロ」です。 朝菜ゆうなプロはツアー17勝で賞金女王にもなった事のあるベテラ…

ゴルフの名言④ 「Never up never in (届かなければ入らない)」

ゴルフではパットが重要だ!という事はプレーヤーなら誰しも分かっている事でしょう。 パットが入らない一番の原因は、実は”構えている所が合っていない!”という事だと言われています。しかし「構え方やセットアップを変えればパターが入るようになる」とい…

フェース面に合わせてアドレスを変えない

アドレスに入った後、何かしっくりせず”モジモジ”してしまう方がいらっしゃると思います。 それは、ボールの位置なのか?向いている方向に違和感があるのか?その時によって人それぞれだとは思います。 その中のひとつに”フェースの向き”に少し違和感があっ…

ゴルフ・ルール バンカー

バンカー バンカーとは言わずと知れたゴルフ場にある「砂地」の事です。 皆さんの中には「バンカーショットが苦手だからいやだ!」その他には「バンカーについてのルールが複雑で分かりにくい」と思われていた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか? し…

つま先か?かかとか?体重の掛け方

友人と練習場に行ってきました。正確に言うと練習場に行ったら”たまたま友人がいた”のですが、ちょっと気になる事がありまして。 それは何かと言うと、「アドレス時の前傾角度が深すぎるような感じがする!」という事なのです。 打つのを見ていると、フィニ…

科学的アプローチでゴルフは上達するのか?

一般の方の多くは、練習場で練習をしながら自分なりの経験を基に試行錯誤して上達を目指しているのではないでしょうか? その方法を否定するわけではありませんし、人によって身体的能力に違いがあるのでその方法でも上達する方もいらっしゃると思います。 …

微妙な距離のクラブ選択は?(初心者の場合)

まだ始めたばかりの友人と練習に行った時に、「最近のラウンドではどんな感じなの?」とちょっと聞いてみました。 スイングは”レッスンプロ”に習っているので、技術面で余計な事は言わない方が良い、と思っていたので”スロープレーにならないコツ”や”コース…

レッスンプロにもいろいろいるようで・・・。

久々に”同級生”と練習場に行きました。 最近はいっしょにゴルフになかなか行けなかったので、せめて練習ぐらいはいっしょにに行くか?という事で行く事になったのです。 しかし、彼は彼で友人達とゴルフに行っているようで「最近の調子はどう?」と聞くと「…

ゴルフの名言③ 「次善を求めて、最善を尽くす」

初めてのラウンドでは、なかなか良いスコアを出す事は出来ません! しかし、初ラウンドのスコアが「130ストローク」だったとしても、練習をする事ですぐにそのスコアが「120や110」ぐらいには縮める事が出来ると思います。 ゴルファーの初めの壁と…

いよいよマスターズです!

さて今週、いよいよ”マスターズ”が始まります! マスターズは”4大メジャー”のひとつで他には「全米プロ選手権」「全米オープン」「全英オープン」があります。 他のメジャートーナメントは会場が毎年変わるのですが、マスターズだけは「オーガスタナショナ…

スイングのイメージと現実とのギャップ!!

私の持ち球は「フェードボールで」です! フェードボールとは、少し左に打ち出し、緩やかに右に曲がって戻ってくるボールです。 「スライス」との違いは、曲がる方向が同じでも「スライス」は初めから打ち出しが右に出て、さらにそこから右に曲がってしまう…

ゴルフの名言② 「ベストを尽くして打て。その結果が良ければよし、悪ければ忘れよ。」

「ゴルフはメンタルのスポーツ」と良く言われます。 ボールを打つ技術も”もちろん必要”ですが、その他に「コースマネジメント」や「メンタル」によってスコアが大幅に変わってしまう事があります。 良く「練習場では上手く打てるのにコースに出ると・・・。…

前回のラウンドを冷静に分析してみる!

前回のラウンドは”87”というスコアでした。 penguin-golf.com 私のキャディ経験や一般的なアベレージゴルファーのスコアを鑑みれば「80台」でラウンドする人は”相当上手い”部類に入るのですが、「元研修生」という肩書でブログをしているのに、もう少し…

硬く、速く、小さいグリーンに手も足も出ませんでした!

教えていると言っては少しおこがましいですが。度々アドバイスをしている友人とゴルフに行ってきました。 友人はまだ100を切った事がないのですが、最近のラウンドで”105”でラウンドしたというのです!それにその友人はゴルフ場に勤務しているので、仕…

練習場で少し遊んでみる!

みなさんが練習場に行く理由は”上手くなりたい”からだと思います。私自身も”もっとうまくなりたい””もっとボールを安定させたい”と思って練習場に通っています。 そして、多くの方は真っすぐのボールを打てるようにと練習していると思います。 たしかに良い…

オーイ!とんぼ 第37巻

オーイ!とんぼ 37巻 今回は”とんぼ”がお世話になっている練習場の娘さんでツアープロの「二子女(にこめ)」のお話です。 シードを確保しながらもツアー未勝利で、これから先もツアーで戦っていくために飛距離アップを目指しスイング改造を決意します。始…

ゴルフの名言① 「悪いグリップから、いいスイングは生まれない」

ゴルフを上達するには、レッスン書を読んだりレッスンプロに習ったり、最近では”YouTube”などでも上達のためのヒントを得る事が出来るようになりました。 これらは非常に”実践的”なもので練習を重ねて身に付ける事が必要です。 「ゴルフの名言」とは、どちら…

前傾姿勢を保つ重要性

「スライスの原因はカットに振っているからだ!」というのはみなさんも良く聞く話だと思いますし、そんなの常識だという方も多くいらっしゃると思います! これは間違いではないのですが、分かっていてもなかなか簡単に治るものではありません! 練習場で「…

ショートパットを入れる極意!

スコアをまとめるには”ショートゲーム”は非常に重要です! 「ドライバーショットも10センチのパットも同じ一打!」という話は良く言われている話です。 プロゴルファーのように、毎回安定したドライバーショットを打つのは非常に難しいですが、”1メートルの…

ゴルフ・ルール ペナルティエリア

ウォーターハザードからペナルティエリアへ 2019年のルール改訂で”ウォーターハザード”から「ペナルティエリア」に名称が変更になりました。 以前のルールでは主に”池や小川(クリーク)”を指すものでしたが”新ルール”では”水の有無にかかわらず”設定で…

コンペ商品にも良い!2000円以下で買える”おすすめ”のボール!

最近のロストボール事情 ゴルフ場のコースの中にはたくさんのロストボールがあります。仕事中にボールを見つけて拾っていると、いつのまにか相当数のボールが集まります。 そのボールは、ロストボール販売の専門の業者さんが買い付けに来るのですが、今まで…

練習場で調子が悪い時はどうする?

突然、調子が・・・。 この前のラウンドでいいスコアが出たので「ゴルフが少し分かってきた気がする!」と感じた事は、みなさんも経験があるのではないでしょうか? しかし、自信を持って練習場に行くと「こんなはずではっ⁉」と思った事もあると思います。 …

「ロブショット」の基本とコツ

アプローチはスコアメイクには非常に重要だという事はみなさんもご存じだと思います。 アプローチには大きく分けて「ランニング」「ピッチ&ラン」それに「ロブショット」の3つがあります。 その中でも最も難易度が高いのが「ロブショット」です。打つのが…

ゴルフ・ルール OB(アウトオブバウンズ)

OB(アウトオブバウンズ)とは? 朝、1番ホールのティーショットで「とりあえずOBだけは気を付けよう!」などと話をされている方を見かける事が皆さんもあるのではないかと思います! そもそも、この「OB」とは何なのでしょう? ”OB”とは”アウトオ…