ゴルフの王道から少しそれた話

初心者から100切ぐらいの方には役に立つかもしれないブログ。

中級者

重い砂のバンカーショット

以前、バンカーショットについて記事にしました。 しかし、最近のコースでは教科書通りの”バンカーショット”の打ち方だけでは対応できない事が多くなってきました。これは、ゴルフ場の様々な都合もあると思うのですが、最近のバンカーは以前とは状況が違うの…

スプーンが苦手な人へのクラブのちょっとしたお話!

ゴルフクラブは、シャフトが長くなるほど難しくなります。 長さだけで言えば一番長い「ドライバー」が最も難しいクラブといえるのかもしれません。 しかし実際にドライバーを打つ時はティーアップをして打つ事が出来ます。ドライバーはロフトも少なくボール…

フェース面に合わせてアドレスを変えない

アドレスに入った後、何かしっくりせず”モジモジ”してしまう方がいらっしゃると思います。 それは、ボールの位置なのか?向いている方向に違和感があるのか?その時によって人それぞれだとは思います。 その中のひとつに”フェースの向き”に少し違和感があっ…

科学的アプローチでゴルフは上達するのか?

一般の方の多くは、練習場で練習をしながら自分なりの経験を基に試行錯誤して上達を目指しているのではないでしょうか? その方法を否定するわけではありませんし、人によって身体的能力に違いがあるのでその方法でも上達する方もいらっしゃると思います。 …

スイングのイメージと現実とのギャップ!!

私の持ち球は「フェードボールで」です! フェードボールとは、少し左に打ち出し、緩やかに右に曲がって戻ってくるボールです。 「スライス」との違いは、曲がる方向が同じでも「スライス」は初めから打ち出しが右に出て、さらにそこから右に曲がってしまう…

ゴルフの名言① 「悪いグリップから、いいスイングは生まれない」

ゴルフを上達するには、レッスン書を読んだりレッスンプロに習ったり、最近では”YouTube”などでも上達のためのヒントを得る事が出来るようになりました。 これらは非常に”実践的”なもので練習を重ねて身に付ける事が必要です。 「ゴルフの名言」とは、どちら…

ショートパットを入れる極意!

スコアをまとめるには”ショートゲーム”は非常に重要です! 「ドライバーショットも10センチのパットも同じ一打!」という話は良く言われている話です。 プロゴルファーのように、毎回安定したドライバーショットを打つのは非常に難しいですが、”1メートルの…

練習場で調子が悪い時はどうする?

突然、調子が・・・。 この前のラウンドでいいスコアが出たので「ゴルフが少し分かってきた気がする!」と感じた事は、みなさんも経験があるのではないでしょうか? しかし、自信を持って練習場に行くと「こんなはずではっ⁉」と思った事もあると思います。 …

「ロブショット」の基本とコツ

アプローチはスコアメイクには非常に重要だという事はみなさんもご存じだと思います。 アプローチには大きく分けて「ランニング」「ピッチ&ラン」それに「ロブショット」の3つがあります。 その中でも最も難易度が高いのが「ロブショット」です。打つのが…

もう少しで”70台”が出せそうな人へ!!

「あそこでミスさえしなければ70台だったのに!」という経験をされた方は、かなりいらっしゃると思います。 70台でラウンドするという事は”非常に難しい”というイメージが皆さんの中にあると思います。 たぶんですが「70台でラウンドする人は、ほとんど…

スロープレーとは、どうゆう事か?

ゴルフのマナーにはいろいろ注意しなければならない事があります。 「大声を出さない」とか「他のプレーヤーの邪魔はしない」など、普段の生活でも注意しなければならないような事も多いので、難し考える事はあまりありません! しかし、その中にはゴルフ特…

3番ウッド(スプーン)を上手く打つには?

以前に「3番ウッドという”クラブ”について」記事にしてみましたが、今回は技術的な事(打ち方)を少し解説してみようと思います。 penguin-golf.com 一番難しいクラブ クラブはパターを含めて14本使う事が出来ますが、その中で最も難しいクラブが3番ウッ…

バーディーへの誘惑!マネジメントの重要性

先日、久々に友人達とゴルフに行ってきました。 何度かお邪魔させて頂いた事のあるゴルフ場で、コースはある程度分かっているため、良いスコアでラウンド出来るかな?と期待を持ってのラウンドです。 そのコースの中に、ドライバーをミスさえしなければ2オ…

キャロウェイ E.R.C SOFT

西村優菜プロと田中瑞稀プロがCMを務める2代目「E.R.C SOFT」ボール。 ラウンドで使用してみたのでレビューしたいと思います。 CMでは「もっと初速バーン!もっともっと飛距離ドーン!!」と二人のプロが紹介しているので、第一印象は「飛距離重視のディス…

練習場での身になる練習の仕方

身になる練習をしよう! みなさんゴルフの練習と言えばほとんどの人が練習場でボールを打つ、いわゆる「打ちっぱなし」を思い浮かべると思います。 そして、多くの皆さんは「ただボールを打つだけでは上手くはならない」と思われているのではないかと思いま…

傾斜地その④ つま先下がりの打ち方

つま先下がりのショット つま先下がりはボールの位置が低くなるため、非常にアドレスを取りにくいという特徴があります。 その他には、つま先下がりは「スライスが出やすいライ」と一般的に言われています。確かに理論上は間違いないと思いますが、実際にキ…

傾斜地その③ つま先上がりの打ち方

つま先上がりのショット つま先上がりのライは、ボールの位置がいつもアドレスより高い位置になります。 その為、クラブフェースが左を向きやすく、おまけにフラットなスイングを余儀なくされ、左へボールが行きやすくなるのです。 コースに出ればこのライに…

傾斜地その② 左足下がりの打ち方

左足下がりのショット 傾斜地のショットは大きく分けて4パターンに分かれます。その中でも左足下がりのライを苦手としている方が最も多いのではないかと思います。 ボールを上げる事が難しいですし、左足上がりとは逆で非常にダフリやすいので、ボールを打…

傾斜地その① 左足上がりの打ち方

左足上がりのショット 練習場と違いコースに出れば多少の傾斜は必ずあり、その傾斜からのショットに対応出来なければ良いスコアを出す事はできません。 今回からは4つのパターンの打ち方について各々紹介していこうと思います。まずは「左足上がりのライ」…

タイトリスト AVX

タイトリストのボール! タイトリストと言えばクラブからボールまで、ゴルフ用品の総合メーカーです。 特にゴルフボールについては、世界中のプロゴルファーが選び、圧倒的な使用率を誇ります。 その中でも特に有名なのがツアー使用率 NO,1の「PRO V1」と…

ドライバー以外でのティーショット

ティーショットはドライバー⁉ ドライバーショットは、数あるショットの中で一番飛距離が出るので、とても魅力があり醍醐味でもあります。 多くの人は、パー3(ショートホール)以外のホールは「ドライバー」でティーショットを打ちます。実際にキャディをし…

素振りをしてみよう!

素振りで練習 ゴルフの練習と言えば、皆さんが一番初めに思い浮かべるのは「打ちっぱなし」(練習場)だと思います。 実際にボールを打つ事が出来るので、これ程良い練習はないのかもしれません。 しかし、ゴルフの場合はボールを打つだけではなかなか上手く…

バックティーからのラウンドについて!

バックティー みなさんこんにちは!緊急事態宣言が解除された事が理由かは分かりませんが、ゴルフ場は平日にもかかわらず、多くの客様に来て頂いています。 多くのお客様が来ていただくのは嬉しいのですが、チョット気になる事がありまして。それは「バック…

3番ウッド スプーンについて

スプーンは難しい! ゴルフクラブは14本までバッグに入れておくことが出来ます。 私はその14本の中で一番難しいのがこのスプーン(3番ウッド)だと思っています。 ドライバーは一番長いクラブですが、ティーアップして打つ事を前提にしています。ですが…

アドレスはやっぱり重要!

アドレスの重要性 アドレスが重要だ!と今頃言われても、皆さんも当たり前だと思われる事でしょう。 しかし自分のアドレスを鏡などでしっかりチェックした事がある人は少ないのではないかと思います。私もその中のひとりです(笑) 鏡などで自分のアドレスをチ…

距離の打ち分け② クラブ選択の基準

打ち分け もう一つの基準 前回、距離の打ち分けについて記事にしましたが、その事に関していろいろな考え方があるのだなと感じた話です。 penguin-golf.com その人はプロでも何でもないアマチュアの方です。 その方に「微妙な距離はどうやって打ち分けていま…

距離の打ち分け

中途半端な距離 ティーショットがフェアウエイを捉えてライも良く、セカンドショットを打つ時にクラブ選択に迷った事はありませんか? 例えば、7番アイアンだとちょっと大きいけど8番アイアンだと少し届かないかも?という事はゴルフをしていれば、皆さん…

自分のスイングを見てみよう!

自分のスイングを見る 練習場では皆さん個々の課題をもって練習しています。しかし、正しくスイング出来ているかは自分では分りません。友人など複数の人数で練習に行けば、自分のスイングを見てもらってアドバイスをしてもらう事も出来ますが、一人の時はど…

シングルプレーヤーになるには! ラウンド編

シングルの数値を意識してラウンドしてみよう! 2回に亘ってシングルプレーヤーになるには!というお題で記事を書いてきましたが、今回は実際にラウンドして検証してみましょう! penguin-golf.com penguin-golf.com 普段はバックティーからラウンドするので…

アライメントスティック

バッグに刺さっている棒 練習場に行くと、ちょっと上手そうな人のゴルフバッグに棒が刺さっているのを見た事ありませんか? 「あの棒はいったい何に使うのだ?」と思われている方もいらっしゃるかもしれません。あの棒は一般的に「アライメントスティック」…