ゴルフの王道から少しそれた話

初心者から100切ぐらいの方には役に立つかもしれないブログ。

ゴルフ小話

ホールインワンを出す方法!

ホールインワンを出した事はありますか? みなさんこんにちは! 少し涼しくなり、ラウンドしやすい季節になってきました。例年であればこの季節、会社のコンペなどが多く開催されゴルフ場の書き入れ時なのですが、このコロナ過で例年に比べると少し少ないの…

現在、クラブって品薄なの?

友人が始めた頃から使っていたゼクシオのアイアンを買い替えようとした時の話です。 何のクラブが良いかな?とクラブを選ぶのってゴルフの楽しみのひとつですよね。今まで使っていたクラブを下取りしてもらい、新しく購入しようと査定してもらいました。する…

シングルプレーヤーになるには! ラウンド編

シングルの数値を意識してラウンドしてみよう! 2回に亘ってシングルプレーヤーになるには!というお題で記事を書いてきましたが、今回は実際にラウンドして検証してみましょう! penguin-golf.com penguin-golf.com 普段はバックティーからラウンドするので…

教え魔ってどうなのよ?

練習場に潜む物 練習場に行くと皆さん一生懸命練習しています。 私はそんなに多くは練習場に行かないのですが、行くと必ずいらっしゃる方もいて、声をかけた事はなくても顔なじみになっている人もいます。 その中にいらっしゃるのですよ!「教え魔」が! 「…

パーオン率がいいからと言って・・・。

パーオン率=ショット力? penguin-golf.com 「シングルプレーヤーになるには!」の記事を書いている時に「パーオン率」についていろいろ考察しているうちに、チョット思い出したことがあります。 皆さんは、「パーオン率」が良いという事はショットが良いと…

シングルプレーヤーになるには! その②

シングルプレーヤー その② つづきです! 前回は「シングルプレーヤーのショット力について」の記事でしたが今回は「パター」と「目標値」について説明していきたいと思います。penguin-golf.com 平均パター数は? ショットとアプローチの率は前回に説明しま…

シングルプレーヤーになるには! その①

シングルプレーヤー ゴルフを始めて一番最初の目標は100を切る事だと思います。初めてすぐの方だと100を切る事は難しい事ではあると思いますが、周りに100を切った事がある人が一人や二人いらっしゃると思うので、どのくらいの腕前になれば100を…

キャディあるある②!残りの距離はどのくらい?

残りの距離は? キャディの仕事で「グリーンまでの距離」答える事、というのは皆さんも知っての通りだと思います。 しかしこの距離を教えるというのが結構難しいのです。 現在は距離計を持つ事がプレーヤーに許されていますが、当時はコースの両サイドにある…

初心者と初級者で行ったセルフプレー

会社の同僚とゴルフに行く 「ゴルフを教えている」とまではいきませんが、たまに練習場でアドバイス程度はしてあげている友人がいます。 彼はゴルフを始めてまだ間もなく、コースも必ず私が一緒に行っています。しかし、なかなか筋が良く100を切るのもそ…

東京オリンピック 選手たちのショットとパターの精度

東京オリンピック 東京オリンピックで稲見 萌寧選手が見事銀メダルを獲得しました。オリンピックという舞台で、実力を発揮してのこの成績は本当に素晴らしい事だと思います。おめでとうございます!! もう一人の代表、畑岡 奈紗選手も10アンダーでTOP10フィ…

スピンタイプ 2ピース?

プロ仕様のボール 糸巻のロイヤルマックスフライ 現在のプロ達が使うボールは、飛距離はもちろんコントロール性も高く、そして打感なども非常に優れています。 構造も2ピースや3ピース、更には4ピースの物もあり技術の進化も留まる所を知りません。 しか…

コロナ過でクラブが売れている?

ゴルフ人口が増えてクラブが売れている コロナ過ではありますが、ゴルフを始める人が増えているようです。 確かに練習場に行くと、若い世代の人たちや女性の方が多くなった気がしますし、ゴルフ場にも若い方のグループが多くなりました。 巣ごもりしていた方…

キャディあるある①、ラインを読む

キャディのお仕事。簡単に言えばコースの案内をしてアドバイスをする、という事に尽きるのですが一般の方にはわからない苦労やテクニックがあります。そんな話を紹介していきましょう。 第一回「ラインを読む」 キャディーの仕事で特に重要なのがこの「ライ…

マナーは大事だと思ってはいますが・・・。

このブログでも、何回かマナーについて記事にしてきました。初心者の方にゴルフは思っているより敷居が高い物ではなく、マナーを守りながらもっと気軽に楽しんで欲しいと思っています。 しかし、ちょっと違う視点もあるのだと思ったお話です。 マナーを優先…

プロゴルファーの影響力

プロの影響力 マスターズで日本人初のメジャー制覇を成し遂げた松山英樹プロ。その影響力は大きく優勝した直後、スリクソンは大人気で工房兼プロショップを営む知人の話だと人気のアイアンなどは品薄で、すぐには入ってこなかったそうです。 渋野日向子プロ…

真っ直ぐのライン

プロの試合でキャディ 応援キャディ 近くのコースでトーナメントがあると、研修生に応援キャディと言う形で所属ゴルフ場を通じて依頼が来ることがあります。実際にキャディに就くのかはわからないのですが、一応人材は確保しておくようです。 練習ラウンドに…

マナー、今と昔⁉

私が研修生をしていたゴルフ場にはキャディの親分がいました。 なんだそれ⁉と思われる方もいらっしゃると思いますが、いわゆるキャディのご意見番的な人の事です。ゴルフ場がオープンしてからずっとキャディ一筋でコースの事も知り尽くしたベテランのキャデ…

ローカル・ルール エピソード2 OBと池は違いますよ!の巻

OBとラテラルウォーターハザード 前回のエピソード1に続き、役に立たない話ですがお付き合いお願いします。個人的には、研修生時代のいい思い出です。 penguin-golf.com ローカル・ルールでOBは「前進4打」池は「前進3打」というのはよくあると思いま…

ゴルフに年齢制限はない⁉

年齢は言い訳にならない⁉ 全米プロゴルフ選手権 フィル・ミケルソン 50歳になるミケルソンのメジャー最年長優勝で幕を閉じた今年の全米プロ。 自分が研修生をしていた頃から一線で活躍していたプロで、なんだかうれしい気持ちになりました。 ツアーの中心は2…

右を向いている事を直す⁉

欠点は直した方がいいのか? 以前に多くの方が始めから右を向いている事が多い。という記事をアップしましたが、その事について、少し矛盾するのですが思うことがあるのです。 右を向いている事に気が付かず、ボールが右に行ってしまう方はやはりアドレスを…

ミスをした後が大事!

ゴルフにミスは付き物です。そのミスから大きくスコアを落とす事はしたくないですよね。では、どうするのがベストな選択になるのでしょうか? 友人のたかし君の場合 私が研修生をやめた後に勤めたゴルフ場で営業をしていたのがたかし君です。彼はゴルフ場に…

研修生キャディの苦悩

キャディのお仕事 ゴルフ場に所属している研修生はただ練習だけしていればいいという事はなく、いろいろな仕事をしなければなりません。その中のひとつが「キャディ」です。 キャディの仕事はまずカートにゴルフバックを積むところから始まります。マスター…

ローカル・ルール エピソード1 6インチはダメよ!の巻

6インチってなんすか? 始めに言っておきますが、くだらなくそして何も役に立たない話ですがお付き合いください。個人的には好きなジャンルの話です。 ゴルフ場に所属してキャディをしていると、競技ゴルフとは違う場面に出会う事があります。 キャディを始…

名門コースにお邪魔する。

「名門コースにお邪魔する。」 ゴルフは紳士のスポーツです。ゴルフ規則の「規則1」は「ゲーム、プレーヤーの行動、規則」でマナーについて触れています。それだけにプレーだけではなく人としての振る舞いにも気を付けなければなりません。 さて、堅苦しく…

ゴルフ場に行くときの心得!

ビジター? ゴルフに行くときに皆さん予約をして行かれると思いますが、「ビジター料金」という言葉に違和感を持ったことありませんか。ビジターという言葉には訪問者・外来者というような意味があるようです。 日本のゴルフ場の大半が会員制(メンバーシッ…

本当にスライス?

スライスさえしなければ! 多くのゴルファーは「スライスしないように打とう!」と思っている事でしょう。スライスする原因はいろいろあると思いますが多くはインパクト時にフェースが開いて当たるのです。練習場などで見ていてもスライスする方はやはり多く…

スピンのかけ方を聞かれる!

アプローチ、スピンで止める! スピンをかけたアプローチってやっぱりカッコイイですよね。PGAツアーのプロたちがグリーン周りから低い球で2バウンドぐらいしてピンの根元でキュッキュッと止まるのを見ると、「自分も打ってみたい」とゴルフをやる人なら一…

平均スコアはどれくらい?

100を切れるゴルファー まずゴルフを始めて一番初めの目標がこの100を切る。という方が多いと思いますが実際どのくらいの方が100を切ってラウンドされていると思いますか? 私のキャディ経験から行くと、アベレージは110から120ぐらいになります。これは他の…

マスターズ優勝、おめでとう!

ついに、ついに日本ゴルフ界念願のメジャーチャンピオンが誕生しました。数多くの日本のプロ達が挑み続けてははね返されてきたオーガスタで、ついに日本人が頂点に立ちました。 松山英樹プロ 優勝おめでとう!!!! 朝早起きしてテレビをつけたのですが途中…